読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋

Ponanza Chainerについてのあれこれ

先にお断りしておきますが、コンピュータ将棋の開発もDeep Learningも専門分野ではないので、外野の素人が垂れ流してる妄想に過ぎません。 技術解説のつもりですが、どちらかというと自分の中の情報整理に近いです。むしろ、誰か詳しい人が書いてください!(…

第3回将棋電王戦 第3局が10倍楽しくなるかもしれない対局者紹介 YSS編

さーて,棋士側の2連敗で向かえた第3局ですよ。 希望的観測ながらも,商品かかっていてみんなの正直な気持ちが出ている公式の将棋電王戦ととくじ。 第4局などはツツカナの得票が66%にもなっている中,第3局では82%が豊島七段が勝つと予想されています。 確か…

第3回将棋電王戦 第1局のお昼段階解説的何か

菅井五段の5筋位取り中飛車に対し,習甦が比較的古い陣形で迎え撃つ形になりました。この「古い」部分を少し整理しておこうと思います。 人間としてはゴキゲンへの二枚銀が一手損(先後分)した形になるので余り居飛車が好まない形のように見えますね。(糸谷)—…

第3回将棋電王戦 第1局が10倍楽しくなるかもしれない対局者紹介 菅井竜也五段編

さて明日は,待ちに待った第3回将棋電王戦の開幕です。この先1ヶ月,週末が身動き取りづらすぎて嬉しい悲鳴ですね!昨年に引き続き,普段は将棋を見ない人にも魅力がわずかでも伝わるように頑張りたいと思います。(しかし愛が溢れすぎて長文になってます。…

将棋電王トーナメントについてのあれこれを書いておくよ!

書こう書こうと思っていたものの,ここのところの筆無精に加え,イベントが重なり放置されていた将棋電王トーナメントのあれこれについて. やねうら王 やねうら王、一手目を本当に指せるかという心配から、ガチで全部ぶっちぎる可能性まであって、本当に目…

タッグマッチならではの局面から電王戦タッグマッチを振り返る

いやー、電王戦タッグマッチが非常に熱かったですね!!!! 正直、棋士とコンピュータの折り合いが付かずちぐはぐになったり、ミスが減って淡泊で一方的な展開になるのでは?と思っていただけに、あそこまで神懸かった一日になるとは夢にも思いませんでした…

『第2回電王戦のすべて』を読んで

世紀の一戦となった第2回将棋電王戦の総括となる『第2回電王戦のすべて』が発売となりました。 全局終了からわずか3ヶ月という興奮冷めやらぬうちの素早い刊行で、当時を思い出しながら一気に読ませてもらいました。電王戦について本ブログへいろいろと書い…

近況報告的な何か

2ヶ月に2回更新というペースは久しぶりなので、ちょっとした近況報告(?)などを. 今月は更新ペース戻そうと思います。 蚊遣り豚umblrはじめました http://kayaributa.tumblr.com アニメやゲーム、マンガなどに出てくる豚の蚊取り線香入れを淡々と貼るとい…

高橋道雄九段(53)が話題の次元が違うブログを開設

昨日、高橋道雄九段が53歳になられました。誕生日おめでとうございます!!!! さて、昨年4月、10月と半年周期で高橋九段を取り上げる流れが出来つつある当ブログ。電王戦の第5局や総括記事書けよ!という脳内ツッコミは放置して、今日も元気に高橋九段情報…

将棋電王戦第5局が10倍おもしろくなるかもしれない対局者紹介 三浦弘行八段 VS GPS将棋

先週はバタバタしていて第四局関係の更新ができませんでした。すいません。第四局についてはあえて深くは触れませんが、塚田九段に投げてほしかった派です。会見は感動的なムードが漂っていましたが、自分はバグを突いた点取りが始まった辺りで醒めきってし…

森内名人はデータの上でもきちんと強かった!!!

将棋電王戦が盛り上がっておりますが、それと同時に名人戦七番勝負という頂上決戦が始まりました。3期連続で森内名人に羽生三冠が挑む構図です。 ただし、下馬評は芳しくありません。ニコ生のアンケートでも75%が羽生三冠の勝ちを予想していました。これは極…

将棋電王戦 第3局でツツカナの指した△6六銀について

昨日の電王戦第3局は、コンピュータとか関係なく、純粋に一局の将棋として素晴らしかったですね。先手で研究十分な船江五段が、明確な悪手で一気に形勢を損ねたわけでもなく、何度も優勢を築いた上でのツツカナ勝利ですから、ツツカナがものすごく強かったの…

将棋電王戦 第3局が10倍楽しくなるかもしれない対局者紹介 船江恒平五段 VS ツツカナ

第2局の紹介では山本さんならいろいろとやってくれるはずだ!と書きましたが、3手目△5六歩までしか入力して、あとはponanza任せだったらしいですね。その分、ponanzaがponanzaらしい謎の指し回しをやってくれましたが(笑) さて、第3局はツツカナの登場です…

コンピュータ将棋が現役男性プロ棋士に一発入れた日

とうとうこの日が来てしまいました。 客観的に見て、プロ棋士が5局を全部勝ちきる事は厳しいほどにコンピュータ将棋が強くなっている現状なので、第2回将棋電王戦のどこかで当然この日がくるだろうと思ってはいましたが、実際に来てしまうと思いの外ダメージ…

将棋電王戦 第2局が10倍楽しくなるかもしれない対局者紹介 Ponanza VS 佐藤慎一四段

注;第1局を見ていない・詳細がわからない方はマイナビの記事がどなたでもわかるようにかみ砕きつつも正確な事を書いていて非常に良い記事なので、そちらをお読み下さい。また、そもそも将棋電王戦についての背景がわからない方は、開幕前に書いた解説記事『…

将棋電王戦 第1局 阿部光瑠四段VS習甦のざっくり実況

結果が出ちゃうと気持ちが整理されちゃいそうなので、リアルタイムで書きたいことを書いておくことにします。 13:00更新 さて、32手目 △5二金で昼食休憩になりました。今のところ先手の阿部光瑠四段としてはかなり理想的な展開ではないでしょうか。オイラの…

将棋電王戦 第1局が10倍楽しくなるかもしれない対局者紹介 阿部光瑠四段VS習甦

注:先に電王戦の全体解説からお読みください. さあ、第2回将棋電王戦がとうとう明日に迫ってきました。 男性プロ棋士が公式戦で初敗北を期してしまうのか。そして、一説には名人をも越えたと言われるコンピュータ将棋が本当はどれだけ強いのか。今からワク…

将棋電王戦前に知っておきたい6つのこと

とうとう今週末からプロ棋士VSコンピュータの5番勝負 第2回 将棋電王戦の幕が開けます。5週に渡り、毎週土曜日に5人のプロ棋士と5種類のコンピュータ将棋ソフトが戦う団体戦です。 電王戦の観戦ガイドを書き始めたらそれだけで本を1冊書けそうな勢いなのです…

羽生三冠とコンピュータの実力が拮抗した状態での頂上対決が見たい!

今週末から将棋電王戦が開始します。プロ棋士5人 VS 将棋ソフト5種類による5番勝負です。 一年前、故・米長会長は自身がボンクラーズと対局した第一回 将棋電王戦の記者会見で、突然「来年の電王戦は5 VS 5の五番勝負にする」と発表しました。もともとは年に…

GPS将棋100万円チャレンジニコ生を見終わって

日曜のNHK杯準決勝 羽生VS鄕田の解説でもやろうかと思ってたんですが、増田に出てたのでそちらに任せます。準備過程で生成されたプルプル震える羽生さんgifだけ置いておきますね。フレームレート低くてあんま震えてるように見えないですけど。 さて、もうそ…

見たことある人がコンピュータ将棋と戦ってる……

ブログ更新のテンションが出ないまま放置が続いているので、誰得内容による縮小更新で慣らしていこうと思います。 今月からプロ棋士VSコンピュータという将棋電王戦が始まりますが、それに先立って最強の将棋ソフト『GPS将棋』相手に勝ったら100万円という企…

高橋九段(52)と魔法少女と羽生マジック

おおおおおお、高橋道雄九段が羽生三冠のA級順位戦の連勝を20で止めた!!!! いやー、途中から一気に踏み込んで、勝勢になっても気が抜けませんでした。。相手があの羽生さんですからね。 さて、そんな高橋九段のお人柄(?)は以前も扱いましたが、今月号…

スマホ対局アプリ 将棋ウォーズの進化がいい感じ

もっと中身のない短文書こう企画 第2弾。 今回からiPadに対応したので久しぶりに開いてみました。 CPUが5手分代わりに指してくれる棋神モードがお金で買えるようになったのは知ってたんですが、さらに「1ヶ月自分より弱い相手を選んで無双出来る」という素…

プロの将棋観戦のためのバイブル的な本が発売に!

将棋に限らず、収拾がつかないので1冊の本の紹介で1つの記事は書かない主義の自分ですが、是非オススメしたい本が現れました。先月末に発売された上野五段 著『将棋・序盤完全ガイド 振り飛車編』です。 嬉しくなっちゃってかなり長めになってますが、まとめ…

△9五歩型矢倉の行く末をかけた大勝負 屋敷九段VS渡辺竜王戦

いつもはブログ書く時間じゃない夕方ですが、あわてて書いています。要は、将棋の最新形研究が進みすぎてて、今この瞬間書かないといけない鮮度が要求されているのです。(笑) まず前提知識ですが、定跡の整備が進んでいる相矢倉の一番の分岐点は、▲4六銀・…

アキバの受け師と千駄ヶ谷の受け師

ハチワンダイバー,いよいよ受け師さんが本領発揮でとんでもない将棋を指すようになってきました.しかし,実は現実の対局とリンクしていて熱かったので,その辺紹介してみます. [tmkm-amazon]408879415X[/tmkm-amazon] なんでお前は将棋もそんなに強いんだ…

羽生王座20期達成の礎となった羽生マジック △6六銀

昨年,羽生2冠の20期連続王座獲得を阻止した渡辺王座.そして,それに対して当たり前のように挑戦権を獲得して王座復冠を狙う羽生2冠. 当代最強の2人がぶつかり合い,2勝1敗にて羽生2冠が王手をかけた状態で迎えた王座戦第4局が昨日行われました.いやー,…

渡辺竜王VS豊島七段の指し直し局がマジやばい

思わず興奮したので,今日は将棋好きしかわからない流れを勢いで書きます(一応解説入れてみますけど)なお,結果まで書いちゃってるので携帯中継組はそちらを先にご覧下さい. 僕は居飛車党ですからね。先手は定跡通りの手順でリードして勝つのが居飛車党の…

一生楽しめる趣味『将棋観戦』のススメ

将棋は歴史と伝統あるゲームなので,一歩間違えれば古臭くて停滞した世界になってもおかしくないと思います.しかし実際の棋界は戦法の流行がめまぐるしく移り変わり,三ヶ月前の常識が通用しないような激しい戦いが今なお繰り広げられており,非常にエキサ…

王座戦で将棋板が沸いた理由を出来るだけ正しくドラゴンボールに例えてみる

某スレで言われている「単に居飛車党の羽生さんが振り飛車したから驚かれた」ってだけでは無いんだよ!と悶えていたので,スレのように例えつつ,時系列で背景含めつつ詳しく説明してみます.思い返してみると,マンガでナメック星に旅立ったのが20年以上も…

最近凝っている将棋の戦型について

将棋,凝ってますけど指すより観る方ばっかなので,一向に強くなりません.しかし,弱いなりに指しやすい戦法,好きな戦法ってのはありまして,その辺書いてみたら長文になったので晒しておきます.ええ,よくある誰得エントリです. 基本的にミスしにくいと…

対局アプリ『将棋ウォーズ』のユーザー数が増えて文句なしにオススメできる規模へ!

5月下旬に提供が開始されたネット将棋対局アプリ『将棋ウォーズ』.うちでも公開直後に紹介記事を書いたりしましたが,肝心の自分はサービス開始直後だったためか,ボロ負け多くて遠のいていました. それから一ヶ月,ふと接続してみるとユーザー数がめっさ…

名人戦決着の日に,羽生二冠&森内名人の色紙が我が家へやってきた

【ニコニコ動画】ネット初!完全生中継【将棋】第70期名人戦七番勝負PV 今年は名人制施行400周年という節目の年に,第十八世永世名人資格者である森内名人と,第十九世永世名人資格者である羽生挑戦者が激突するという華々しい名人戦となってます. 今日はそ…

藤井猛新王位誕生へ向けて

注:構成とテンションの都合上,両対局者にものすごく失礼な事書きまくってる上,無駄に長くなっていますが,ここまで舞台が整った上に震えるような大熱戦になる事なんて年に一度あるかないか(ちなみに去年だと王座戦最終局でしたね)なので,ご了承くださ…

iPhone向けネット将棋アプリ 将棋ウォーズおもしれぇえええ!!!

この1ヶ月後に書いた対局アプリ『将棋ウォーズ』のユーザー数が増えて文句なしにオススメできる規模へ!も併せてお読み下さい 日本将棋連盟公認の対局アプリ『将棋ウォーズ』がリリースされました. えーっと,端的に言っちゃうと,ゲーセンでコナミがやって…

藤井九段が王位戦の挑戦者決定戦進出ですよ!

藤井九段と言えば,順位戦でA級から2年連続降級の憂き目に遭ってます.そんな中でも模索を続け,シード枠が6人中2人というその年の勢いある棋士が優位な王位戦で,とうとう挑戦者決定戦にまで上り詰めました. 特に昨日の最終戦はかっこよかったです. 対策…

なのはさん大活躍!!? in 世界コンピュータ将棋選手権

1年前にもお伝えしましたが,コンピュータ将棋のなのはさんが世界コンピュータ選手権に参戦しております.昨年は公共の電波でも活躍が伝えられ,独創賞を獲得しました. さて,今年のなのはさんですが,大活躍と言っていいでしょう. まず,1位予選は1位のSe…

鍵のかかった部屋 #3が将棋のお話だった

ネタバレありです. もう少し早く気付けば良かったんですが,貴志祐介の密室物がドラマ化されてて,今日は将棋がテーマでした.そもそも,硝子のハンマーから続く防犯探偵 榎本シリーズが月9になってるとか丸一ヶ月も気付いていない時点で,テレビドラマへの…

将棋電王戦は猪木VSアリという解釈で間違っていなかった!!!

今年一月に行われた、米長永世棋聖VSボンクラーズによる世紀の一戦『将棋電王戦』。あまりの熱戦にテンション上がって勢いで『将棋電王戦の2手目 △6二玉はなんだったのか』という記事を書きました。 その中で、電王戦は異種格闘技戦なので、その戦力差を補う…

チェスを始めて,将棋の超初心者の気持ちがわかった話

今日も将棋の話題.個人的にはいい流れだけど,着いてきている人は何人いるのだろうか?(笑) 今日は,駒の動かし方もあやしいレベルの初心者の方についてです. 寂しい程度にしか将棋の話(特にはてな界隈で)とか存在しないのですが,多少話題になってる…

佐藤紳哉六段のNHK杯,堪能させていただきました

昨日の更新でも書いたように,今日のNHK杯で佐藤紳哉六段登場との事で,期待に胸を膨らませていました.そして,予想通りやってくれやがったwwwwwww 20歳の若さでタイトル挑戦まで手をかけた豊島七段が相手なので佐藤紳哉六段は下馬評的にも知名度的…

佐藤天彦七段および豊島将之七段が同時に誕生!

今日も元気に将棋の話題です. 佐藤天彦六段と豊島将之六段は,2011年度の新人王決勝を競い合った間柄です. 2009年度の勝率一位賞を豊島六段が,2010年度の勝率一位賞を佐藤天六段がそれぞれ取ってる事もあり,若手一番のホープと言って差し支えないでしょ…

将棋 高橋道雄九段(51)の若々しさ

将棋の高橋道雄九段は来週には52歳を迎えます.40歳から棋力は衰え出すと言われる厳しい将棋界において,50歳を超えてなお最強の10人である順位戦A級に在籍し,居飛車の最新型を追い続けているのです.年齢的に研究の最先端を行く事は並大抵の事ではないでし…

将棋 第70期名人戦七番勝負が始まるよ!

名人制施行400年ということで去年から将棋協会が各種イベント開いて盛り上がっているのですが,今回の名人戦がどうすごいのかを解説します. 元々,名人位は世襲制にて受け継がれていたのですが,1937年より現在の実力制へ移行しました.その際,通算5期を獲…

将棋電王戦の2手目 △6二玉はなんだったのか

引退済みとは言え名人経験者の米長会長とコンピュータ将棋代表であるボンクラーズの世紀の一戦となった将棋電王戦,非常におもしろかったですね.前哨戦で繰り出してぼろ負けしたのと同じ,まさかの再度二手目 △6二玉でした.本人の発言含めて本格的定跡系に…

ボンクラーズVS米長永世棋聖の勝敗をいろんなデータから再度予想してみた

はじめに さて,ボンクラーズVS米長永世棋聖による電王戦まであと10日に迫ってきました.10月にも書きましたけど,とある将棋ファンの方の記事で米長会長の勝率51%と書いてあってさすがに無いだろと思ったので,前回の記事からいろいろ情勢も変わった分も含…

将棋が未だに進歩し続けているボードゲームであり,その魅力をどこかの誰かに伝えたい

前置き 春からちまちま書いていますが,将棋にはまってます.しかも,どっちかって言うと観る方です.正直,自分の棋力そのものは高くないですが,そんな自分でもおもしろいと感じる最新の将棋の魅力を,将棋わからない or 将棋界の状況を知らないどこかの誰…

米長永世棋聖とコンピュータ将棋が戦う意義

はじめに 最初に断っておきます.女流も含めたプロ棋士の方々を軽視するような風に取られる部分があるかもしれませんが,記事の性質上ご了承ください.毎月,将棋世界の配信をwktkして待ってる勢です. さて,事の発端は米長永世棋聖とボンクラーズの一…

将棋を勉強するために買った本を紹介してみるよ!

将棋を始めて2ヶ月.形から入って先行投資を惜しまないバカ2人で研究室に棋書をガンガン買いためてるので,読んだ分を初心者目線で感想書いていきます. なんでも中飛車 (将棋必勝シリーズ) edit なんでも中飛車 (将棋必勝シリーズ) 森下 卓 創元社 ¥ 1,365…

棋譜を眺めてたら将棋マンガ 王狩がより楽しくなってきた件について

突然ですが,2週間ほど前に将棋を趣味に設定しまして,いろいろと模索しております.その一環で,棋譜再生可能なうpろだを設置してみたのですがこれがとてもいい感じなのですよ.自分の対局の棋譜ファイル落として将棋ソフトに形勢判断させてみたり,iPhone…