読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【告知編】醤油手帖 基礎知識編のKindle版が配信開始です

白熱ビール教室 (星海社新書)

白熱ビール教室 (星海社新書)

 

いきなりですが、明日7月26日に友人のむむさん(杉村啓, @mu_mu_)が『白熱ビール教室』(星海社新書)を出版します! 同人版から商業化した『白熱日本酒教室』、そして『白熱洋酒教室』に続く人気シリーズ第3弾です。

本シリーズの特徴は「むむ先生の可愛さ!」……だけでなく「特定の銘柄を挙げるのは避けて、お酒全体の体系的な知識を教えてくれる」点にあります。 たとえば飲み屋でメニューを見てもほとんどが知らない銘柄な事はよくありますよね。 そんな時に、メニューやラベルから味の当たりをつける事が出来るようになるわけです。 新刊を読み終わるころには、ビールの種類や製造国、色味などから自分に最適な銘柄が見つけられるようになっていることでしょう。

 

  さて、ようやく本題です。 そんなむむさん主催のカルト的人気を誇る(?)サークル『醤油をこぼすと染みになる』の同人誌『醤油手帖』シリーズより、『醤油手帖 基礎知識編』が本日よりKindleストアにて配信開始です。 しかも、白熱ビール教室発売記念セールで7月末まで600円→250円。 いやー、移植作業担当だったんですが、主にポケモンGoとかポケモンGoとかポケモンGoのせいで配信開始がビール教室発売に揃えられないかと思ったぜぃ……  

そもそも醤油手帖って何?

vlcsnap-2016-07-25-18h55m58s336 その名のとおり、ひたすら醤油についてのみを掘り下げたという、マニアックの極みな同人誌らしい同人誌です。 年2冊ペースの既刊10巻を誇り、コミケの壁(でジャンル違いに配置されて発狂した)経験までしているという知る人ぞ知る人気同人誌なんですね。 同人誌だけどえろくないよ! どれぐらいマニアックかって、タモリ倶楽部に登場して出演者一同に大好評でしたからね。 今回はその中でも、去年の夏コミで出した総集編的な『基礎知識編』を配信開始しました。醤油の定義から始まり、それまでのシリーズを浅く広くまとめてあるため、醤油手帖を知らない人の一冊目として最適な構成になっています。    

実装担当者的萌えポイント

 

醤油手帖の魅力の一つに、デザイン担当デス子さんの大人げない本気による秀麗な装丁と組版があります。 こちとらXHTMLベースの電子書籍でこんなん再現できるか!!!?と絶叫しながら黙々と手作業で組版していましたが、それなりの折り合いをつけて読みやすい本に仕上げたつもりです。 特に現行Paperwhite以上の高解像度E-Inkで「筑紫明朝」を選んでいただけると、「筑紫明朝」系にこだわった紙版の片鱗が味わえるんじゃないかと。

時間が足りずに細かいところ追い込めてませんが、折を見て改善したいと思います。 なお勝手に背負った技術的な苦悩は、次に書く【技術編】で書いていきますけど一般向けにはなりません。あしからず。

 

最後に

ブログの過去ログ漁ってみたけど、醤油手帖について一度も紹介してないんですね、俺(笑) 校正要員として特急料金の入稿ギリギリまでお手伝いしている関係者の端くれではありますが、そんなの関係なしに老若男女分け隔てなく読んでいただきたいシリーズです。

ディープな世界ではありますが、むしろ醤油へのこだわりなど無いような人にこそオススメです。そして読んでみて面白かったら、白熱ビール教室や醬油手帖(←商業版)なども是非。

醤油手帖 基礎知識編

醤油手帖 基礎知識編