引越しにおけるネット回線ガチャと開通待ちで勝利するための知見まとめ 2023春

www.hageatama.org

【追記】続編を書いたつもりが何の参考にもならないので読まなくても支障はありません。

 

先日、引越し先のインターネット契約で困ってたリアル友人にSNS上で細かくアドバイスしたら大変感謝されたので、今後は「まずこれ読んでおいて」と言えるような記事を書き残しておきます。

直近3年で3回引越し、プロバイダ利用4種の経験をまとめた素人記事でして、気になる点があればどんどんとフィードバックして充実させていきたいのでご指摘お願いします。

6/21(更新翌朝):光コンセントがある前提で動くのは厳しくない?と言われて、確かにそう思ったので改訂。LANケーブルについての記述追加。

6/21(夜追記): 不動産屋さんと光コラボについて追記

 

【主張の概要】

  • 光コンセントが元からある物件を選べ
  • フレッツ光回線でプロバイダをいつでも切り替えられるようにしろ
  • IPv6 (IPv4 over IPv6)で接続しろ

の3点です。そんなのわかってるよという方は読まなくていいレベルの内容です。

 

【対象者】

  • 回線ガチャで勝率を上げたい
  • 自宅回線が100Mbps以下では息が出来ない
  • ある程度、回線の選択肢がある地域
  • 引越し当日からインターネットできないと困る
  • 多少割高でも確実性を優先させたい
  • 自宅のネットワーク機器配線とルーターの設定を自分で出来る
  • 集合住宅予定(一軒家の方は勝ち組なので適宜読み飛ばしてください)

 

【回線事業者とプロバイダ】

さっそく、この記事で一番ややこしくて一番大事な部分です。

国のルールとして、物理的なインターネット回線自体を整備・管理する会社(回線事業者:NTTなど)と、ソフトウェアとしてのインターネット接続提供会社(プロバイダ:OCN・BIGLOBEなど)は別になるように決められてます。違いがわかりづらくて、ほとんどの方は区別できていないと思います。

ネット回線選定でまず初めに考えるべきは、大元である回線事業者をどうするかになります。要するに「NTT提供のフレッツ光か、それ以外か」ですね。

当記事の主張は「フレッツ光一択」です。

 

フレッツ光以外の回線事業者としては以下があります。

  • 独立系のNURO光、au光
  • 電気会社系

一時期はNURO光がもてはやされていたのに、今現在は地雷扱いされてるのもこの辺が関係しています。フレッツ光以外の回線事業者はプロバイダも事実上のセットが多く、利用者が少ないケースを引き当てるとバカっ速になりますが、利用者の増加などで回線が遅くなっても解約以外に改善の余地が少ないわけです。

一方、フレッツ光の場合は回線提供とプロバイダが切り離されており、プロバイダ変更の選択肢が多いため、そちら側での速度改善の余地があります。フレッツ光の上でならプロバイダは工事無しでタイムラグ無く簡単に変更できるため、ダメと思ったらさっさと切り替えていこうというのが当記事の骨子です。

 

【物件探しのスタート】

さあ、では引っ越し先を探していきましょう。細かい話をし始めるとキリがないので、物件探しのポイントを1つに絞るとすると「光コンセントが最初からある物件」です。

インターネット回線にもいろいろありますが、集合住宅の場合、1本の回線を複数の家庭で共有してるケースがほとんどです。仮に時間帯によっては速くとも、ネットを使う人が多くなる時間帯では、そりゃ遅くなるに決まってますよね。

その被害を一番軽くできるわかりやすい指標が光コンセントになります。

f:id:hageatama-:20230620214830j:image

これは前の家の内見時の写真になります。下記の光ファイバーケーブル専用の特殊コネクタの差し込み口ですね。電話線のモジュラージャックの方ではなく、「光」と書いてある部分に下から差し込む形式です。この、コンセントカバーの横から"光コンセント"が生えている場合は最初の壁はクリアと言ってもいいでしょう。また、後で写真は出てきますが、光コンセント無しに壁から細い光ファイバーケーブルが生えていて、接続用コネクタがぶら下がっている時も稀にあります。

 

光コンセントがある物件という事は、超高速である光回線が壁際まで直接引き込まれている可能性が高いです。物件の問い合わせ、あるいは内見段階で光コンセントの有無を見極めましょう。

あと、このあとの理解のために、集合住宅で光回線を部屋まで持ってきているやり方が「光配線形式」と呼ばれている事だけ覚えておいてください。それ以外のだとVDSL、LAN配線などがあります。詳しくは、次の項のNTTへのリンク先に説明が載ってます。

 

追記 : 自分の中ではあまりに当たり前すぎて書き忘れてましたが、物件探した経験が乏しい方も当然いますよね。不動産屋さんのインターネット知識は本当にダメダメなので知ってか知らずか適当な事ばかり言ってくるし、当然その人達が登録している物件情報も何の参考にもなりません!

f:id:hageatama-:20230621232457j:image

最大手なSUUMOの"こだわり条件"がこの体たらくですから、物件選択の最優先条件に実測300Mbps以上の光回線を設定している自分とは意思疎通が困難であり、自力で何とかしようというのがこの記事のスタートになります。

 

【フレッツ光の提供エリア検索】

f:id:hageatama-:20230620215037j:image

光コンセントの確認と同時にやるべきなのがNTT公式のフレッツ提供エリア検索サービスです。光コンセントの有無に関係なく、引越し先候補物件や、今住んでるところに回線引き込みたい場合などがあれば、とりあえずこれで調べる、くらいでいいくらいでいいでしょう。

こちらは、部屋単位での対応状況がわかるという凶悪なサービスなので、内見前でも部屋番号が判明次第調べたいところです。

 

光配線方式|集合住宅の導入工事と配線方式について|フレッツ光公式|NTT東日本|インターネット接続ならフレッツ光

公式にもこうあるように、NTT東日本管区だと上記の"ギガマンション・スマートタイプ","マンション・ギガラインタイプ" or フレッツ光クロスのサービス対応と出たなら、光回線が引き込める「光配線」物件だと確定出して良いかと。

 

【116へ電話】

光コンセントの有無や上記検索サイトでのフレッツ光エリア内の確認が取れた後にやるべきは、NTTへの電話確認です。こちらもとにかく便利なので、ネット回線が絡む物件選びや自宅のネット開通時などは、前項の検索とセットで使いたいところです。

固定電話だと116, 携帯電話などからは0120-116-000(東日本)、0120-116-116(西日本)のようです。

 

追記 : 西日本は 0800-2000-116 という説も。この辺、西と東を跨ぐとか、光電話とか、携帯回線とか、よくわからん条件があるので各自でお確かめください

 

インターネットの契約なのに電話が必要なのは納得し難い面のもわかりますが、私の場合は内見先から直接電話するくらいに、116への問い合わせは強力です。

オペレーターの方がきちんと知識を持っているのと、NTT側の持っている回線状況のデータベースがエグいくらいに充実してるので、事情を伝えると契約前でもその部屋の回線の物理的な開通状況と、工事が必要かを教えてくれます。ここをクリアできれば、99%以上の確率で引越し後の即日開通が狙えます。

 

光コンセントが存在する物件でも

  • NURO光などの他の光回線が来ている
  • 退去時の原状復帰で回線が撤去されている
  • 管理会社の関係で光回線が物理的な引き込みができていない

などの例により、工事無しでフレッツ光が部屋まで来ているかどうかが確実ではありません。一方で、光コンセントが無くても同じフロアまでは導入されてるから1時間の宅内工事で済むかもしれません。NTTが強いのは、過去の工事履歴も持ってる上、他の回線事業者の引き込みでもNTTが宅外工事に入ることも多いので、光回線は工事しても無理な物件なんかも調べられたりします。どんな場合でも、とりあえず116へ直接聞いてみるのがベストです。

なお、初回通話時は回線の工事状態のみの確認に留めて次に進んでください。

 

f:id:hageatama-:20230620215154j:image

ちなみに今住んでいる物件は、J:COM提供のauひかりとフレッツ光の2系統が引き込まれていて内見時に「何だこれ!?」となりましたが、116で状況を伝えたら、少なくともフレッツ光はすぐ使えると確認できて大変助かりました。

 

【IPv6】

さて、次はプロバイダ選びですが、その前にIPv6の話をします。当記事で2番目に重要な項目です。

通常のインターネット接続はIPv4(PPPoEとも呼ばれる)という規格での接続になります。しかし、この旧規格が遅すぎるため、次世代規格であるIPv6(IPoE)経由で接続するべきなのが令和の新常識です。

ここで問題になるのが、プロバイダ側のIPv6接続は無料だけどオプションの場合があり、知らずに契約すると速度10分の1以下を強いられたりするという罠が仕込まれている点です。

そんなわけで、"IPv6"あるいは"IPv4 over IPv6"(IPv6経由でIPv4に繋ぐ奴)対応と書かれたプロバイダとオプションを選んで契約しましょう。

 

【みんそく】

次はプロバイダ選びに移りましょう。

プロバイダは提供状況の地域差がバチクソ大きいので、ネットや友人のオススメを聞いても何の役にも立ちません。そこで活躍するのが、集合知による各地域の実測データベースである「みんそく」です。

minsoku.net

引っ越し予定地域の市区町村における、光回線の中の"IPv6接続 IPoE"である測定例、あるいは"IPoE方式のフレッツ光回線の通信速度レポート"を探しましょう。回線とプロバイダの組み合わせで良さそうなをいくつかメモっておきましょう。

 

ついでに我が家で今測った例を貼っておきますね。21時でこれならまあまあでしょう。

 

【IPv6の接続方式】

今回の記事に入れるか微妙なラインの小難しい話ですが、たまに事故るので入れておきます。IPv6の接続方式がプロバイダごとに異なるため、プロバイダ選びにも影響するからです。

IPv6への接続方式は大別してMAP-E系とDS-Lite系があって、そこからさらに細分化されています。ユーザー側としては、どれであろうがプロバイダ側から提示された接続先、ID、パスワードを入れるだけなので違いを感じる機会はあまりありませんが、発売から数年経ってるルーターだと、一部接続方式に対応していない場合などがあるので注意が必要です。

プロバイダを決めたときは、公式サイトのIPv6情報が載ったページを確認し、以下のどれかを確認すると良いでしょう。(以下に載ってないものも存在します)

併せて、持ってるルーターの型番をググって対応状況と照らし合わせれば完璧です。

  • v6プラス(MAP-E系) : 最もメジャー。とりあえずこれ選んでおけば安牌。BIGLOBEの"IPv6オプション"も互換規格、なはず
  • transix(DS-Lite系) : 2番手の規格。MAP-E系とはベースが違うのでこだわる人はメリット・デメリットを比較したい
  • OCNバーチャルコネクト(MAP-E系) : 後発ながらNTT系列なせいか採用が進んでいる。ただ、混雑時の帯域を絞る頻度が高いという信憑性は怪しい噂も。私はそれを確認したくてこれを選びました😅
  • v6コネクト(DS-Lite系) : マイナー規格。機器対応も不十分なので注意。ほぼASAHIネット限定だけど、ASAHIネット自体は良いと思います

 

【光コラボ】

さあ、あとはプロバイダ含めた回線契約になるわけですが、フレッツ光で契約してプロバイダを選ぶ場合とは別に、プロバイダ提供している会社がフレッツ光の回線を借り受けてプロバイダとまとめたパッケージとして提供してるケースがあります。これを「光コラボレーション」と呼びます。

 

つい数年前まで、光コラボは何かあった時にプロバイダ変更しようとしても回線が紐つけられてる契約で変更が困難という地雷プランでした。しかしこれはフレッツ光の事務手続きの問題でしかないので、光コラボ間も乗り換えが簡単になるようなルール改訂が進み、ユーザー視点ではさほど気にしなくてよくなりました。

 

メリットとしては、まとめて契約になってキャンペーンや割引が受けやすい。デメリットとしては、長期契約の縛りがあるプランを選んでしまうと解約が困難な点と、光コラボの変更は若干手続きが煩雑な点でしょうか。NTT管理側のフレッツ光に戻るのが難しいというのも理解しておくべきです。

特に物理的な工事が発生する場合は、フレッツ光と直接だと工事費は有料になるので、その際は光コラボの工事費無料キャンペーンを狙いたいところです。

光コラボを申し込む場合は、光コラボを提供している事業者のWEBページから申し込んでください。

 

追記 : これでも「光コラボも選択肢に入れていいとは思うよ?」くらいの前向きな紹介のつもりでしたが、確かに言われてみると自分は絶対に選ばないので細かな知識がありませんでしたね。プロバイダを選べるらしいドコモ光を中心に、スマホと紐つけて安くする方向は検討の余地があるかもしれません。

ただ、全体設計の都合上、ネットの光コラボ紹介記事は高確率でプロバイダ、あるいは代理店からのアフィリエイトの影響が拭えないので、そういう面もあってこういう記事書こうと思ったわけなんですよね。そう言う意味だと、いい写真がなくてAmazonの光ファイバーケーブルを貼っててすまぬ。(流石に誰も買わないでしょ)

 

【フレッツ光(NTT)経由の契約】

NTT経由で契約する場合、公式サイトから申し込んでもいいのですが、個人的には前述の116から電話で申し込む方をオススメします。というのも、引っ越しが絡むと接続機器やプロバイダ書類などの受け取りが引っ越す前がいいのか、引っ越し先の方がいいのかなどの調整が入るので、電話口でのオペレーターさんによるフレキシブルな対応を嚙ました方が楽だからです。

電話をする前に、プロバイダ選びは済ませておき、契約時には「開通作業は自分でやるので工事及び作業員さんの派遣は不要」、「IPv6でつなぐ」旨をしっかりと伝えるだけです。

NTT経由でプロバイダを申し込む場合は、NTT側で住所変更や支払い方法が確定してしまえば、その情報を元にプロバイダの手配をしてくれて、かつ支払いもNTTに集約されるので、116だけで完結する……はずです。(いつも更新ばかりで新規契約したことがないので確定できず)

デメリットとしてはネット経由だと何かしらのキャンペーン等を受けられるかもしれない点ですが、NTT経由だと大したのはない上、プロバイダの額も1ヶ月1000円程度なのでそんなに安くはならないかと。

 

念のため書いておきますが、例えば今の私が入っている@niftyだと"@nifty光ライフ with フレッツ"と"@nifty光"があって(わかりづらすぎる!)、前者はNTT経由のプロバイダ契約、後者はプロバイダ側が光回線を借り受けている光コラボになります。うまく使えば安くなるのは後者ですが、前述したように3年プランなどで契約が縛られると、当記事のメインの主張である「フレッツ光にして、速度が遅いようだったらさっさとプロバイダ側を乗り換えよう」という動きが取れなくなるのでご注意を。

 

【引っ越し前後】

f:id:hageatama-:20230620215518j:image

さあ、あとは引っ越し先での開通を待つばかりです。自宅内の配線経路としては"光コンセント→ONU(NTTから借りる接続機器。上の写真参照)→ルーター"という経路になり、貴方の作業は以下の2つになります。

  1. 光コンセントとONUを光ファイバーケーブルでつなぐ(先端を傷つけないよう注意!)
  2. ルーターの設定画面でプロバイダへのIPv6経由の接続設定

ここはそれぞれで環境が違うので各自ググっていただくことになりますが、慣れたら15分で終わる範囲です。ここで作業員の方を呼ぼうとすると、シーズンによっては馬鹿みたいに待たされる羽目になるので、可能な限り自力で頑張りたいところです。

 

ちなみに豆知識ですが、基本的にNTTとプロバイダはそれぞれが連携取らずに開通設定を進めるため、「6/21午前に開通作業をしてください」と指示が来たとすると、その前日には開通できるケースが多いようです。引っ越し先でインターネット無しに半日待ったりしなくてもよかったりするよという話でした。

 

【おわりに】

いやー、だいぶ端折って最小限に抑えたはずなのに、フレッツ光が魔窟すぎて長文エントリになってしまいました。電気やガス、水道と同じレベルのインフラになりつつあるのに、要求知識が多すぎるのが悪いんや!

はっきり言って、配線方式とか、「IPv6なので速くなる」、「IPv4 = PPPoE」のようにだいぶ適当な嘘を書きましたが、当初は「ipv6 prefix的にひかり電話ありを契約しよう」とか、「DS-Liteは非対応のルーター多いけど手動でAFTR取ればなんとかなる」みたいな話が含まれていて、8000字超えたあたりで「本来の目的を見失ってる!」と大幅に平易に書き換えたせいなんです……

では、ここからはその名残の余談集です。

 

【家庭内の機器更新】

IPv6は比較的新しい規格な上、IPv6への接続方式がプロバイダ毎に分かれている話は書きましたが、その接続方式に対応しているルーターじゃないとそもそも接続できません。そこで1つの目安として、Wi-Fi6対応のWi-Fiルータに更新しましょうという提案です。

Wi-Fi6自体がここ3年ほどの規格なので対応しているルーターなら最近の機種となりますし、せっかく速い回線を引けたならそれを活かすためにも新しいWi-Fiの規格を導入すべきです。予算が許すなら、2年以内に発売されたBUFFALO製の1万円超帯を準備したいところでしょう。

 

【LANケーブルの交換】

LANケーブルには対応した通信速度などでカテゴリーに分かれており、1本残ってた古いLANケーブルが速度出ない原因だった、のような事例は定期的に聞きます。

LANケーブルのカテゴリーはケーブルの側面にCAT○と印刷されているのでよく見ればすぐにわかります。以下は各カテゴリーの勝手なイメージです。

 

CAT5→(100Mbpsの壁)→5e→6→(10Gbpsの壁)→6a→(業務用の壁)→7→7a→8

 

一般家庭なら5e以上ならOK。6a使っていれば安心って目安です。逆にそれ以上は過剰すぎて不要なんですが、昨今だとフレッツ光クロスなどで10Gbpsが自宅まで届く時代になったので、今後は我が家も7以上に置き換えていこうかなと思ってます。

 

【光回線本質記事】

ガチ勢向けの本質記事も置いておきますね。

sorahの方はなんか読めなくなってるのでWaybackMachineとかで読んで。

https://diary.sorah.jp/2020/06/20/ngn-explained-2020

 

notoken.hatenadiary.com

 

【他の回線事業者】

auひかりについては、対応プロバイダが数種選べる点と、接続先をフレッツ光網と後述の電力会社系を混ぜて使ってたりするので可能性は感じるのですが、周囲に使ってる人の話を聞かないのと、スマホがauじゃないとお得じゃないプランになりそうな印象で、情報がありません。証言お待ちしています。

地方電力会社系は提供エリア内(基本的に西日本)であれば快適回線な可能性が高いうえ、仕組み上IPv6などのややこしい事を考えなくても困らない場合が多いようです。ケーブルテレビ(CATV)系も似たような傾向ですね。

まあ、ダメだった時の逃げ場がないのは変わらないので、その辺をどう考えるかです。

 

【J:COM】

www.jcom.co.jp

途中でもちょっと書いたように、今住んでる物件はJ:COMの無料インターネットも選べて、提供元はauひかりだったんですが、無視してフレッツ光にしました。結果としては大正解。
いや、まあいろんな不幸な事故が重なったせいではあるんですが、引っ越して2ヶ月半で3回訪問があったのにいまだにJ:COM自体の開通すらできてないんです……

 

【速度計測サイト】

fast.com

www.speed-visualizer.jp

普通に測る場合はNetflix提供のfast.comが便利ですが、speed-visualizer.jpだとフレッツ網内の測定が可能です。はい、普通の人は何がうれしいのかさっぱりわかりませんね。

Amazonで買える廉価帯シューキーパーを3つ買ってみた

我が家のシューキーパーは、バネの強い奴とか、スコッチグレインに付いてきたプラの奴とかを常用していて、あまり革靴には良くないなぁと思いつつも、廉価帯ですら結構お高いよな?と放置していた問題と向き合うことにしました。

 

先に結論から述べると、そんなに木型の形状や可動精度には差がある感じはなかったので、3000円未満だとどれ買ってもそんなに変わらないんじゃないかな、とは思います。付属品で何が付いているか、とかで選ぶくらいでもいいのかも。

1位

これで今後は統一しようかな、と。

ロゴ掘られているだけでも少し安心感が上がりますし、梱包が他よりも丁寧だったし、心なしか可動の域の精度もいい気がします。

個人的に気に入ったのは、他の2つよりも足の甲が高めに造られている点。少し伸ばし気味に維持出来る気がします。

付属品はブラシとムートンクロスにサンドペーパー。ブラシは安物感すごいですが、ムートンクロスは肌触り良いですね。

 

2位

唯一、箱と説明書に日本語あり。隠しようのない中華フォントだったけど、日本語自体はそこまで酷くないです。

シューキーパーとしての品質は他と同等かな。
靴べらが入ってるのはちょっとポイントが高い。

 

3位

まず、箱が無地で油染みなのかなんなのか、何か汚れの跡が付いてた上、中も一番粉っぽかった印象。

2位と3位は形状的に区別できる感じはありませんでした。若干、こっちの方が稼働部の動きが渋かったですが、この価格帯だと個体差レベルでしょうね。

 

新型コロナに罹った知見共有 2023年01月ver.

n = 1なので精度は不明ですが、どこかの誰かに向けた知見を書き残しておきます。

ステータス

  • 2023年1月に罹患
  • 一人暮らしの30代男性
  • 横浜市在住
  • ワクチン4回接種(2022年12月にオミクロン対応のを接種)
  • 引っ越したばかりでかかりつけ医無し
  • 発熱は38℃強がピークで、5日間ほど発熱が続いた

 

あやしいな?と思ったら

www.pref.kanagawa.jp

まずは県の感染症対策ポータルサイトを探しましょう。自分の在住の神奈川県については、抗原定性検査キットで初動が決まる模様。しかし、検査キット使うか考える時点で外出しづらい状況な訳で、すでに戦いは始まっています。

自分の場合は、帰宅したら普段だったら気にもとめないレベルの喉の違和感を感じて、念のため検査キットの手配等やりましたが、あれは我ながら偉かったなと自画自賛。

 

"医療用"の抗原定性検査キット入手:ヨドバシを信じろ

国が認証した"第1類医薬品"の検査キットを使わないと意味が無いのですが、Amazonを初めとするインターネット・薬局には、"研究用"が溢れかえっています。

  • そもそものセルフという面を含めて検査精度の怪しい抗原検査なので、精度が担保されたキットを使った方が望ましい。
  • 仮に"研究用"でいくら陽性になっても、行政側では取り合ってもらえない。オンラインでも、電話口でも、「研究用じゃないよね?」という確認が繰り返されていた。
  • 逆に、正規の検査キットで陽性になったら、行政的にはそれだけで確定になる。

医師免許持ってない人がいくら正確な診断をしても、診断精度も、法的な取り扱いも、「それ、あなたの感想ですよね?」としかならないのと一緒。

 

んで、Amazonには何百と並んでいる検査キットの99%が"研究用"という名のジョークグッズなのですが、ヨドバシの通販はきちんと"医薬品"が上位に来ており、かつ在庫もしっかりと取りそろえてくれています。ヨドバシを信じましょう。

https://www.yodobashi.com/category/159888/165527/165593/500000215000/

"研究用"は、薬機法の関係なのか、"研究用"とパッケージ等に明示はしっかりされているはずなので、素人でも区別は簡単です。もっと詳しく知りたい人は、厚労省がホワイトリスト形式で"医薬品"扱いの対象製品を後悔してくれているので、それと照らし合わせましょう。

この時、そもそもの測定方法自体の精度も怪しく、抗原検査キットだと発熱直後ではウィルスの増殖が足りずに陰性になる場合も多いらしいし、終わりの判定も自分でした方がいいので、お金が許すなら複数個買っておいていいと思います。

 

一方、そもそも自覚症状もあやしいのに1500円も払えないよという方向けには、"研究用"の中で以下をオススメしておきます。3日目くらいの一番キツい時でしたが、遊びで測ったらちゃんと陽性は出ました。

 

www.amazon.co.jp

 

念のため、"研究用"抗原検査キットヤバい、という一例を。
東亜産業というのは、悪名高きクレベリンとかいう雑貨販売で名を馳せたアレな企業ですが、そんな企業の取り扱う検査キットに精度を求める方がアホでしょう。しかし、近所のドラッグストアにもこの商品が並んでいたし、Amazonでも売れまくってる事実だけでも、問題の根深さはわかると思います。「全国の自治体で採用!」の売り文句のため、無料でばら撒くのはクレベリンでもやってましたよね。

検査キット自体、本来は「2~30℃の環境で保管して下さい」になってますが、"研究用"を売っちゃうような企業がそんなところにコストかけて管理するとも思えませんしね。東亜産業が卸の1つでしかない商品なのかはわかりませんが、やたら見掛けるこのパッケージだけでも避けましょう。

prtimes.jp

 

陽性者管理番号発行

国としては、"陽性者管理番号"が発行されることで晴れてCovid-19の感染者と認められます!

んで、これは県の準備する登録フォームからオンラインで自主登録ができました。"第1類医薬品"のキットでの判定なら、名前と日付書いたキットと外箱並べた写真1枚でOKです。

 

しかし、今となっては個人単位の動きとしてはそれで正解だったのか?という印象も拭えません。
というのも、後述しますが、陽性が確定した瞬間に家から一歩も出られなくなるので、よほどのかかりつけじゃないと診療所等で処方箋出してもらったりができなくなります。結果、1人で市販薬飲んで寝るだけの療養となりました。普通の風邪より、だいぶスパルタンな療養を強いられます。

陽性の確定自体は発熱外来で行って、その場で診療をどうするかをお医者さんに相談しておくべきだった気が……

発熱外来自体は、自覚症状ないとかだと医療体制に負荷かけるだけだし、利用者視点でもウィルスの巣窟に突入しにいくようなものなので、キットで確認してからにはしたほうがいいと思います。

 

療養物資の入手

いよいよになったら周辺に住んでる知人に頼んだりも出来たし、何なら偶然、母親が都内へ遊びに来てたんですが、状況も状況なので、頼るのは最終手段ですよね。
そんなわけで、ネット経由の置き配に頼れるというのは心強かったです。

  • アセトアミノフェンやイブプロフェンなどのドラッグストアで買えるレベルの解熱鎮痛薬はAmazonでも買えます。我が家はワクチン副作用向けに買い込んでたけど
  • ネットスーパーは当初「文明、最高!」と思ってましたが、最低配送額3000円とか設定されているところが多く、寝込んでいるときに商品選ぶだけでキツかったです
  • コンビニのデリバリー即応には助けられました。出前館のローソン配送品リストに鼻セレブを見つけたときには狂喜しましたよ。神はそこにおられた!

 

処方薬をもらう(もらえない)

県の基本スタンスは「かかりつけ医に相談しましょう」なんですが、私の場合は引っ越してきたばかりでそんなものはありませんでした。んで、次点の想定モデルは

「オンライン診療」を受けましょう。できれば受診の必要があるからお住まいの近くを選んでね

なんですが、現実的には以下の通りでした。

  1. 近所の一般的な診療所:そんなものに対応してるわけがない
  2. 一部、やる気のあるオンライン診療対応診療所:予約ページに行くと一見さんお断り
  3. 例外的になんでも受け入れるオンライン診療対応診療所:予約殺到
  4. 県のオンライン診療対応診療センター:週に1~2日しかやってない

オンライン診療に非対応の近所の診療所に電話かけても「うちではどうすることもできませんね」と邪険にされ、その旨を県の療養支援センターに電話すると「ポータルサイトの情報見て下さい」→「いや、あの、それ見てダメなんで電話してるんですけど」→「じゃあ、うちではどうすることもできませんね」という、労力の無駄遣いループ。

 

39℃超えて本当にヤバい時は、気合いでオンライン診療の予約を確保し、近所の調剤薬局へ処方箋回してもらってそこから直接自宅へ届けてもらうよう頼む、とかになりそうですが、そこまでする気力は無いでしょ、普通……

 

ということで、従来の発熱だったら使えた「近所の診療所でカロナールもらう」事すら困難なので、その前提を持って行動した方がいいかなと思います。

 

その他あれこれ①:自分で何とかする

春から第5類云々言ってますが、現状でも行政が何かしてくれた感は皆無ですね……
電話窓口がすぐに繋がったり、LINEのbotが1日ごとの見守りをしてはくれていましたが、お医者さん含めて、「重症化した時には何とかしてくれるかもしれないが、それまでは1人で寝込んで何とかするしかない」という環境でした。

自分の場合は症状軽くて何とかなりましたが、インフルエンザ並の、目を開けるだけでもつらいレベルの高熱に襲われていたら、いろいろググる気力もなかったでしょうから、中途半端に「支援を期待して空振り」を繰り返すのはキツかったと思います。

 

その他あれこれ②:コロナはただの風邪?

ただの風邪かと言われたら、自分の場合はただの風邪でしたが、過去のどの風邪よりも発熱も症状も長く引きずった感じで、この辺が猛威を振るってる一因なんかなぁと。高熱が続くだけでも体力奪われますし。

そして、ただのインフルエンザなスペイン風邪で数千万人が死んだわけですし、他の病気よりも、マスクに手洗い、うがいでシンプルに対策しやすいわけで、これからも基本を忘れずに付き合っていくしかありませんね。

 

その他あれこれ③:ワクチンは極力打っておこう

実際にどこまで症状抑制に効いてたのかはわかりませんが、熱出して寝込んでいる間に「とりあえず4回目まで打ったし、あとはなるようにしかならんやろ」という心理的安全を買えただけでも、結構な効果があったと思います。先月、帰省のために打ってなかったら「あー、4回目もうっときゃ良かった」と後悔したタイミングがあったと思うので。

症状自体も、当たり前なのかなんなのか、咳・喉の痛み・鼻水以外はワクチンの副作用と変わらん印象だったので、免疫反応的にもワクチンは打ち得だな、と。

 

その他あれこれ④:自宅療養の終わり

陽性者登録時点を最後に、行政側からも予定日すら何も言ってこないので、未だにキツネにつままれたような思いです。

LINEのbotが朝の生存確認してこないから「終わった……のか?」というレベル。
入院とかホテル療養だと「今日で終わり!」とはっきりわかりますが、自宅療養の場合は判断を完全に丸投げされているので、せめてLINEのbotが「本日から療養解除です。お疲れさまでした! まだ感染リスクは残存しているので、自主的な感染予防行動はお願いしますね」くらいのメッセージ投げてくれるくらいしていいのでは……。

 

千葉県の療養解除日カレンダーが優秀だったので、こちらを貼っておきますね。この辺、国が何度か緩和していてルールが錯綜しているので、きちんと管理されているところで確認した方がいいです。

hot-link.jp

 

その他あれこれ⑤:症状記録

結局、2日目に38.3℃くらいまで上がって、そっからだらだらと37℃台を5日目まで引きずった感じですね。幸いというか、食欲はむしろ普段よりあるくらいだったし、寒気や関節痛のようなものもなく、「起き上がるのがつらい」レベルで、毎日12時間以上寝てました。さらに、熱が下がっても下がりきったとは思えない倦怠感や喉の痛みも残ったりしたので、この辺の終わりの判断をお医者さんにしてほしかったというのが正直なところです。

嗅覚や味覚にも異常は無く、謎の体力低下等も感じていないので、その辺は不幸中の幸いでした。

おわりに

ワクチン接種の副作用を「うおっ、だんだん腕が重くなってきた!」とワクワクしたり、検査キットを複数でクロスチェックしたりと、研究者特有のメンタルで向き合っているので、罹ってみた1週間が楽しかった面はいなめませんね。

それもこれも、この3年間で亡くなられた方、医療従事者、研究者などの膨大なリソースと犠牲の上での今だと思うので、2度、3度と罹らないよう、日々の対策を心掛けていきたいなと思いを新たにしました。

さーて、この騒動はあと何年続くんですかね?

自分から見たTHE FIRST SLAM DUNK

 

はじめに

普通の感想は言い出したらキリがないので、自分しか書かなそうな点だけに絞って書き残しておきます。

あと、念のため未視聴の原作ファンに言っときますが、こんな記事読んでないでさっさと劇場に行きましょう。他人に評価を委ねていい映画ではないです。

 

湘南在住

おそらく宮城家の引越し先が辻堂団地という話。

 

完全に私事ですが、去年まで神奈川県藤沢市の辻堂に住んでたんですよね。あのまま住んでたら、辻堂駅前の109シネマズ湘南のIMAXで観てたろうになぁと悔やんでます。

辻堂の知名度がよくわかりませんが、位置としては、江ノ島と茅ヶ崎の中間地点。神奈川県民にはどこまでを湘南と呼ぶか論争があるようですが、湘南の中核地域の一つとして異論ある人は居ない立地でしょう。

辻堂って独特な雰囲気なんですよね。七里ヶ浜や由比ヶ浜、鵜沼なんかの江ノ島以東と比べると、地元民色が強い印象です。
明け方5時にコンビニ行ってると、人生をサーフィンに賭けてる様子の50がらみのおっちゃんが、仕事前の一泳ぎに行ってる光景を見掛けます。サーフボードのラックが付いた自転車や、軒先に干してあるウェットスーツなんて、辻堂来るまで知らなかった文化圏ですもん。

 

f:id:hageatama-:20221205135221j:image

そんな辻堂ですが、おそらく宮城家が引っ越した先のモデルが辻堂団地と思われます。そして、リョータママが黄昏たりしてたあの海岸は、その目の前の辻堂海岸でしょう。富士山の見える西向きの画角で江ノ島は入り込んでなかったし、建物側にあったあの竹かなんかの柵含めて、記憶にある辻堂海岸ですから。
このまま134号線を東に行くと例の鎌倉高校前踏切(アニメOPの聖地)なので、通学の距離感としてもリアリティあるし、自分の早朝ドライブルートでもありました。

 

ここ10年くらいで駅前の再開発が進んでいて住みやすい街などと人気が上がっている辻堂ですが、作中の時代背景が当時のままなら駅の北側は関東特殊製鋼が残っている頃で、今以上に周辺地域よりも家賃も安かったと思われます。

リョータママがシングルマザーとして仕事を求めて首都圏に出つつも、馴染みのある潮騒を求めて選んだ地が辻堂。解釈の解像度上がってきて、映画観ながら1人でニヤニヤしてました。

 

いやー、自分も散歩ついでに辻堂海岸で海眺めながらボーッとしたもんですよ。うわ、死んだ目でサンドイッチをパクついてたら、トンビに掻っ攫われたの思い出したぞ!

 

完全に余談。駅近くの銭湯で地元のじーさんに辻堂の昔話を無理やり聞かされたりしてたんですが、ここ1年で潰れてるやんけ!

Googleマップ開いたら「閉業」表記でてて驚きました。オーナーの人はおそらく30〜40代な感じだったのですぐ潰れるとは思ってませんでしたが、やっぱコロナ禍は厳しかったんですかね……

 

無音の世界

話は変わりまして、試合の最後について。

大学の講義で漫画学(”漫画”が”マンガ”に変容していったところから始まる)を取ったことがあって、その印象的な話の一つが「オノマトペ(擬音)」についてです。

「杜王町の風の音」やら「アメコミ」みたいな例が挙げられる中、究極の表現として示されたのが山王工業戦のラストだったんですね。

要約すると、「人間というのは極限まで集中すると音が消え去る」というのを「オノマトペを排除する」という表現に落とし込んでる、とのこと。(花道がボールに飛び込んだ瞬間からは、山王ベンチの「ドックン…」という心音と、ネットの「パスッ」という手書き描写以外省かれてるから是非読み返してみてほしい)

 

あれから幾星霜。原作者自身による解釈が映像に落とし込まれたのですが、実際にそれは完全な静寂として描写されたわけですよ。テレビに流すことまで考えたら放送事故なので、表現の軸であるという信念がないと効果音だけは入れるとかで日和かねないとこでしょ、あれ。

さらに映画館だと、静寂の中でも観客が息を呑んでる緊張の共有がプラスされ、我々の耳に聞こえるはずのない「左手はそえるだけ」がはっきりと聞こえた瞬間、映画監督としての井上先生に完敗しました😭

 

おわりに

単純に木村昴さんの花道は軽さが足りずに声質が合ってなかったと思うし、CG作画は動きに対して迫力が足りないし(原作の終盤は絵の力がマンガのソレじゃないんだわ)、過去エピソードの挟み方はテンポ悪かったと思ってるし、思いきって前半端折ったのでいきなり美紀男が現れて笑っちゃったし、と気になる点を挙げてたら切りがありませんが、そんな減点法で観る作品ではないですね。

脚本・監督が映像素人の原作者という高確率で事故る建て付けにも関わらず、クリエイターとして描きたい芯以外を削ぎ落とした、見事な映像作品に仕上がってたと思います。

OPで山王工業が現れた瞬間に、薄々わかっていた(花道が坊主でバッシュも赤いんだもん)とは言え鳥肌がブワッと立ち、試合の端々で泣かされ、2時間半が一瞬でした。ポップコーン食べ忘れてたのに退場時にようやく気付いた映画は初めてです。
今年はRRRの年だったなと思ってたのに、最後の月に競る作品が出てきてしまったなと思えてます。

 

シンプルな映画が故に、音響設備のいい映画館でやってるうちに記憶に刻み込んでおきたいですね。

北海道ロド旅2022 5日目

f:id:hageatama-:20220802233237j:image

2022年8月2日

小樽→稚内への大移動日

 

増毛駅

f:id:hageatama-:20220802233403j:image

ID的に絶対に一度は来たかった増毛(ましけ)駅。

なお高知の半家(はげ)駅は、2019年末に桂浜までは行ったものの、そこからが遠すぎて断念したのを悔いている模様。

 

豊富町の大規模草地育成牧場

f:id:hageatama-:20220802233827j:image

北海道の観光情報として取り上げられる事はまず無さそうだが、バイク乗り必携の、良い道に特化した地図「ツーリングマップル」で激推しされてたので向かったら、これがヤバいの何の。

全国津々浦々のいろんなドライブコースを運転してきたつもりでしたが、人生最高を塗り替えられました。

道としては「広域農道」なので、大地の凹凸を残したままの緩いワインディングになっていて、カーブを曲がるたびに圧倒的な牧草地と空の青が目に飛び込んでくるため、運転してて鳥肌が立ちました。

北海道の道はスケールがでかい直線道路とかが多く、運転してて楽しいけど、ロードスター向きではないよなぁという思いが拭えなかったところにブッ刺さった次第です。

車載動画も撮ってるので(上の写真は動画のスクショ)、後日編集して公開する予定!

 

オロロンラインとオトンルイ風力発電所

f:id:hageatama-:20220802234625j:image

小樽から稚内の海岸線、つまり今日の行程を繋いでいるオロロンライン。日本地図でもわかるくらいにひたすら1本道で、北海道を感じさせる道ですね。

その中でもやはり良かったのは、28基の風力発電機が並ぶオトンルイ風力発電所ですね。老朽化により2023年から大幅に数が減るらしく、目にすることができて満足です。

これ沿いに北上するの、風景はサロベツの原野で、その向こうに左手に利尻富士、右手に風車の列という圧巻の風景なので、写真では写しきれない感動がありました。

 

最北端!

f:id:hageatama-:20220802235504j:image

f:id:hageatama-:20220802235629j:image

明日は移動時間の関係で宗谷岬に時間が割きづらかったので、宿泊予定の稚内を通り過ぎて、今日のうちに回っておくことに。

特になんてことのない海岸線ですが、「今、日本で一番北にいるのは私なんだ」というのはそれだけで謎の楽しさがありますね。

風光明媚なドライブコースの宗谷丘陵も走り、ライダーの聖地である最北端の給油も済ませてきました。ただ、もう日が暮れそうだったので白い道通るのは断念。

 

5日目実績

f:id:hageatama-:20220803000422j:image

1日の一般道移動距離記録を更新した……はず。

使ったお金 未集計だけど2000円くらい?

ガソリン代 9000円くらい?

宿泊費 8500円。意外と相場が高かったので、温泉浸かれるところにしたろと選んだけど、ご時世的に大浴場使いたくなくてぴえん🥺