昭和刊行のトランプ大統領伝記本を読んで

f:id:hageatama-:20201107224522j:image

f:id:hageatama-:20201107224526j:image

数年前に借りて読んだことはあったのですが,再読機会としては今を逃すと情報鮮度は落ちる一方なので,Amazonでポチりました。余談ですが,何冊かあって状態が良いと言い張っているのを選んでみたら,30年以上前の本なのに帯付きで焼けも無いのが届いて震えたのはをお伝えしておきます。

 

著者は決してドナルドを単なる「凄腕」として扱っておらず,すばらしい天才的不動産王,新世代のネゴシエーター(交渉者),そしてソフト社会,情報化社会の受け皿づくりの担い手として尊敬の念を持って書いている

――「訳者あとがき」より

さて,本書は日本はまだバブル期だった昭和63年に,原著執筆当時38歳だった「不動産王 ドナルド・トランプ」についての半生(と言ってもまだ38歳だぞ?)を第三者が取材してまとめた伝記です。本人は伝記書かれるのを嫌がっていたので,取材協力は無く,自叙伝的にはなっていないのがミソですね。

粗野な馬鹿というパブリックイメージを持たれているトランプ大統領ですが,少なくとも当時は,大胆ながらもめちゃくちゃ繊細かつクレバーなビジネスマンであり,なるべくしてアメリカンドリームを実現した時代の子だったわけです。

一気に事業を伸ばした20代,民主党支持者から共和党支持者に移るくだり,兄の死,その他もろもろ,十分に読み応えがある上,当時の米国の世俗も見えるので非常に読み応えのある1冊です。

これを読んでいると,当時から周囲にどう思われているか,どう見せたいかを考えて振る舞っている様子が垣間見えて,現在のトランプ大統領のアレな感じも,明らかに狙ってやってるんだろうなぁという思いになったりするんですね。

 

f:id:hageatama-:20201107224332j:image

この本が本当にすごいのが,あとがきがこう締めてある点です。将来,「政界に打って出るのか」ではなく,「米国大統領になるのか」なんですよ。

 

WWEに顔出してた頃とかも知っているので,最近書かれた本も1冊くらい読んでみますかねぇ。(どうもバイデン氏で決まりっぽいですんで,早めに)

ダイエット、本当にやってます

f:id:hageatama-:20201104074347j:image

f:id:hageatama-:20201104074259j:image

f:id:hageatama-:20201104074304j:image

f:id:hageatama-:20201104074320j:image

前回も書いたように、今月からダイエット始めました。水抜きしたいわけではないんだが、初期ブーストが大きすぎ。長期戦にはよくない傾向ですな。

 

低糖質をやりすぎるとおもしろいくらい頭回らん事は実体験済みなので、一応は頭脳職だし、今回は単純に食べる量とカロリーカットです。

朝はまとめ買いしたソイジョイのみ、昼は適当、夜はローカロリーを意識しつつも美味しいものを。(実際にダイエットに効くかはあまり気にしない。細かく考えずに済ますの、大事)

水はできれば2L/日以上は飲みたいけど、仕事中だと持ち運びの問題とか出てて、対策考え中です。

 

f:id:hageatama-:20201104075212j:image

あとは運動。巻き添えで筋肉落ちるのは確実なので、1日1万歩は歩いて足腰に刺激入れるようにはしてますが、付け焼き刃。

ランニングやろうにも、過去に二度ほどランニングで膝やってるので、春から引きこもり気味だったのはある程度戻さないとまた膝やるのも見えてる現状。ちょっとまあ、考えます。

 

 

 

年末までに10kgダイエットするよ

www.hageatama.org

www.hageatama.org

 

なんやかんやで仕事でがっつり動いていたのが,春から転職&コロナ禍で部屋からすら出ない生活送っていて,食事も偏っていた結果,まあ,その,なんだ。激太りですわ。

いい加減痩せないとなとなっていたところに,体重計が発掘されたので,11月に入ると同時にダイエットを開始します。隔年ぐらいでダイエットはやってて方法論については自分の中で確立されているので,飽きなければ痩せられます。とりあえず2ヶ月で10kg目標ですが,たぶんもっといけるはず。

ただ,痩せるだけなら簡単なんだけど,運動側がキツいんですよね。運動はランニング派ですが,時期的に身体が慣れる頃は夜に走るのが厳しい寒さになるので,絶対にやらなくなるんですよ。過去に3回くらいそれで習慣止まりましたから。

 

そんなわけで,「ジム通い」(やったことないので続く自信が無い),「運動ゲーム系」(部屋が狭い)のどちらにしようかお悩み中です。とりあえず,今月いっぱいは食事制限で頑張りますわ。

ハロウィン闇鍋レジェフェス天井

f:id:hageatama-:20201028145736j:image

f:id:hageatama-:20201029020442j:image

f:id:hageatama-:20201028145747j:image

夏の水着を我慢して、一キャラも持ってないハロウィンに賭けようと貯金してたのを吐き出しました。闇古戦場対策でレイPUも来ないかなと考えてましたが、天井にいたので即決。これでレジェフェス後半の人権カリおっさんとか来たら泣きそうですが。

 

SSR20枚の上振れでそのうち18枚が武器。キャラ追加9+1人なら勝ちでしょう。

まあ、ゼタラガ来なかったり、水ロゼッタさんと祈ってたらエタラブ来たりと、マイナス要因もありましたが、ハロゼナ来たので満足。ブレグラ武器もあるし、イオ砲編成とか見直さないとですね。

あとは、フロレンスさんをなんとか使う術を考えないと。

魔女の旅々

なろう方面――というと語弊がありそうですが,その系統のジャンルの中で最近読んだオススメ作品をピックアップ……の最後。

 魔女の旅々

魔女の旅々 (GAノベル)

魔女の旅々 (GAノベル)

  • 作者:白石 定規
  • 発売日: 2016/04/15
  • メディア: Kindle版
 

今期の新作アニメになってる作品ですね。これもまた,個人的な思い入れがある作品です。 

今を遡ること8年前。Kindleが日本に上陸すると同時に,Kindle Direct Publishingという仕組みで,Amazon上で電子書籍の個人出版が出来るようになりました。

私もそれで出版してた最初期勢で,2012年当時に本を並べていた人数的にはちょっとした即売会レベルの規模だったんですよ。単価も安いですし,ストアの端から端まで全部読んで回っていたものです。

そして,魔女の旅々もそんな中の一つでして,連帯感というか,親近感というか,一方的に感じている作品なんです。

 

とはいえ,最初からきちんとイラストを採用した表紙で目を引いていた一方で,正直,良くも悪くもベタにいい話なので,作品としては特筆すべき部分を感じなかったんですよ。それでも,その後も書き続けて,アニメ化にまで繋げてる事に敬意を表して,ちょこちょこと読み進めているところです。 
読み終わったらアニメも観ないとですね。

自炊ノ全テ

自炊ノ全テ

  • 作者:佐藤貴明
  • 発売日: 2012/12/20
  • メディア: Kindle版
 

 ↑ 当時書いた本がこれ