読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PSPgo買いましたよー

PSP go「プレイステーション・ポータブル go」 ピアノ・ブラック(PSP-N1000PB) 特典 PSP go スタートキャンペーンプロダクトコード付き
edit

PSP go「プレイステーション・ポータブル go」 ピアノ・ブラック(PSP-N1000PB) 特典 PSP go スタートキャンペーンプロダクトコード付き

ソニー・コンピュータエンタテインメント
¥ 26,800 (定価)
¥ 29,800 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
0 (私のおすすめ度)
0 (Amazonおすすめ度)
Video Game
在庫あり。
(価格・在庫状況は4月7日 12:11現在)

ものすごく大人気ハードになる資質を全て兼ね備えた素晴らしいハードウェアをSCEが送り込んできたので,当然のように買ってきました.まあ,思った通りの製品でしたね.

第一印象は「うすい・かるい・ぺったんこ」! なんか,持った瞬間に大丈夫なのかと思うぐらい軽かったですね.自分の中でPSPって製品の重量基準が固まりきってたとはいえ,他の携帯やらのガジェットと比べても感覚的にかなり軽い印象でしたね.

んで,なんと言っても液晶がきれいになってますのー.よく見てみると3000番台とさほどクオリティは変わらないんですが,画面が小さくなった分だけドットピッチが短くなり,隙間が少なくなって精緻に見えます.

ただ,操作性はかなり削がれてますね,やっぱ.PSP-2000でも見えてた薄さの限界を越えて,さらにそれをスライド式で二分割ともなると,推してはかるべしです.あとは,スライド式なせいでアニメ視聴時に操作のためにちょこちょこ開かなきゃいけないのも操作体系としては残念ですね.ただ,今までも操作ロックというワンクッションがあったので,そこまで気になるわけではありませんでした.

で,買うべきかという判断についてですが,「物好きだけ買えばいんじゃね?」ですねw 実際,機能的には完全にPSP-3000の下位互換になりさがってますもん.中身もPSP-3000と全く一緒ですし,かといってゲーム的な部分の機能面でUMD搭載していないというのはかなり致命的.どうせDLコンテンツは3000番でも動くしな.

現在,自分としてもガジェットとしてはとてもいいものだと思えてはいるんですが,致命的な問題により常用に足らないという結論に達しかけてます.それは,ケーブル問題.PSPはUSBのminiBケーブルや,汎用の5V ACアダプターといった部分で,家でも大学でも他の機器と共用しててケーブル的に困ることはなかったんですが,今回は特殊なコネクタ1つでUSB関係と充電をひとまとめにしちゃったせいで死にかけてます.家の中だけでも,WindowsMac miniで別々のケーブルにてつないでたし,枕元にはACアダプター用意してベッドで充電しながらgdgdアニメ見ることが出来てたんですが,独自コネクタになったせいでこういう使い方は実質出来ません.ぶっちゃけ,PSP最大の魅力はどんなときでもその辺に転がっているminiBケーブルでPCにさせば,ゲーム機とは思えないほどざっくりとしたUSBメモリと認識されるといったような運用の簡便さだったので,その辺が一気に削がれるとなんだかなーと思ってます.

結論としては,「所有欲すげえけど,それ以上を求める人にはお勧められない」ってとこでしょうかね.