読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都2日目ぇ

学会初日。受付混むし、行くまでに迷子になったら困るので、ホテルを7時発で散歩ついでにぶらぶらしながら京大へ。早朝の京都御所は人通りが少なく、静謐で、とてもよかったです。

学会自体は当初、初日さえ聞けばいいと思ってたくらいに充実してましたね。セッション途中で抜けて他の棟へダッシュして、みたいなのをずっとやってました。特に自分と同じ方向性のテーマを3つの別視点から連続で新日鐵のチームが発表してて、敗北感が。あんな理にかなった基礎研究を企業でやられると死ねますね。3年前だと全然見かけなかった自分の研究分野の発表が増えてきているのを見ると、うれしいけど怖いです。

んで、16時頃会場離脱したけど体力消耗が大きかったので大規模観光や誰かと遊ぶのは諦め、散歩がてら銀閣寺方向へ歩き、銀閣寺発京都行きのバスで帰るぞ!と決定。銀閣寺の前まで行ったけど拝観料払うと負けな気がしたので売り場前まで撤退(ぉ

さて、ここで今日の予定は終了のはずだったのですが、京都駅前でバスを降りた瞬間に財布がないのに気づいたところで追加イベントが発生。バスは最後の乗客として降りた&降りる直前に料金を払っている以上、バスの中に忘れてきた事がほぼ確定だったので、さっさと各所に電話して財布は即発見・・・・・・したまではよかったのですが、そのバスの営業所というのがかなり辺鄙なところにあったのに、全財産が財布の中だったので歩いていく羽目に。しかし、すでに今日歩いた距離が2万歩超えていて、さらに革靴で6キロくらいを歩く事に心が折れ、途中で引き返したため、現在進行形で所持金100円で京都の夜を過ごしています。まあ、そんなにおなかすいてないし、昨夜のうちにつまみやお茶は買っていたので、割と問題なく生きてますね。最悪、財布無くてもホテル代は払ってるし、切符はあるし、気楽なもんです。はぁ、何やってるんだろ。いろいろ心が折れかけているので、明日はホテルで無料貸し出ししている自転車で財布を救出後、その足で嵐山の方見てきます。完全に予定外の行動だけど、だがそれがいい