はげあたま.org

*

2012年夏アニメ 個人的ベスト5

   

9月に最終回を迎えたという基準で,個人的ベスト5発表!
某所で少し書いて,今期はまとめておいた方がいい気がしたので残しておきます.

5位 黒子のバスケ

マンガでもそうだったんですが,緑間ぐらいからぐいぐい来始めていた黒子のバスケ.
そして迎えた最終盤の黄瀬VS青峰がスラムダンクに匹敵するぐらい熱かったですね.それにしても,黄瀬の中の人は,デビュー当初は声質だけだったはずなのに,いつの間にかいい演技するようになりましたね.24話を通しての感情の込め方の変化には心奪われました.

4位 織田信奈の野望

原作も割と読むの辛い文章ではあるんですが,戦国時代ベースのバックボーンはズルいくらいに魅力出ますね.いい意味でサクサク進むように構成改変もあったし,伊藤かな恵の信奈はピッタリだったし,満足です.

3位 貧乏神がっ!

個人的ダークホース.別段何が優れてるって訳でも無かったんですが,全体的に高品位で安心してみられる集英社アニメになってました.それでも強いて言えば,神田沙也加嬢ですか.神田正輝と松田聖子の娘という立場ながら,”有名人が声優に挑戦!”ではなく,”私は声優やりたかったんだ!”って感じが放映前から伝わってきていて期待してたんですが,見事に応えてくれました.次にも期待したいですね.

2位 境界線上のホライゾンⅡ

ぶっちゃけ1期がちょうど綺麗に終わる位置で素晴らしかったので2期には期待できないかと思ってたんですが,むしろ1期でギャグとシリアスのバランスがちぐはぐだったのが昇華されてて,むしろクオリティの高いアニメに仕上がっていて圧倒されました.
あのよくわからない濃いキャラ達がよくわからない戦闘繰り広げる原作を,極限までそぎ落としつつも何となく説得力あるアニメに落とし込む監督の力量すごいですね.

1位 戦国コレクション

はい,文句なしです.1クール目はダークホースだと思ってましたが,2クール目にもなると作る方も見る方も立ち位置がはっきりしてきて,毎週,魅了されっぱなしの30分を過ごせました.これを,ソーシャルゲーム原作だし……と思って食わず嫌いな人は秋のアニメ削ってでもこっち見た方がいいと思います.

神回だらけでしたが,特に5話と7話と9・10話と13話と17話と18話と19話と23話と26話が好きでした.はい,好きすぎですね.たぶんこんなアニメは二度と作られないんだろうと思わせる,突然変異のきらめきを放っていた傑作だったと思います.

 

はぁ,このクールはTARITARIの圧勝かとも思ってたんですが,圧縮しすぎで深みの無い展開に冷めてしまったのが残念ですね.花咲くいろはを1クールでやってこっちを2クールでやれてれば(笑)

 - アニメ