読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとイギリスに行ってたので聖地巡礼写真などを晒すよ

国際学会でイギリスに行ってきました.まあ,他人が海外で撮った写真とかダラダラと晒されても何もおもしろくないでしょうから,空き時間をめいっぱい費やしてみた聖地巡礼っぽい何かな部分だけ晒しておきます.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは,ハリーポッターです.ほとんど見てないのでよくわかってませんが,普通の人ならあれだ!と思うんでしょ?

同行の助教さんがオックスフォード大に数年勤めてたつてを頼って研究室訪問させてもらったんですが,大学関係無しにオックスフォードの街はロンドンより良かったです.ロンドンからバスで2時間弱ですし,イギリス行くことがあったら是非行ってみてくださいな.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

案内の人がhospitalとかdance hallのシーンでどうこうとか行ってましたが,同じくハリポタに興味が無いので(ry ちなみにここは図書館でして,ハリーポッター内で出てきたらしい書架とかも見られたんですが.世界最古レベルの智の集積地らしく,そっちの撮影は無理でした.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これも聖地巡礼なのかはわかりませんが,ルイス・キャロル不思議の国のアリスを書いてたらしいパブです.他にも,いろんなシーンのモデルになった場所が散逸してます.オックスフォードは古き良きイギリスを体現してますね.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベイカーストリート221B番地です.実際には存在しない住所ですし,周りも普通の繁華街で拍子抜けします.夏に放送されたSHAROCK内で出てきた221B番地はたぶん違う所だけどどこだったんだろうか? 時間が無くて調査不足だったのが悔やまれる.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この辺から本当の聖地巡礼っぽくなっていきます.劇場版けいおん!のキービジュアル部分ですね.正直,けいおんにはそんなに興味ないので行かないはずだったのですが,自由時間に気付いたら降り立ってました.

ここ,地元民向け地域で,観光客なんて一人も歩いていないし,通り一本入ったら人通り少なくなって誰も助けてくれない感じだし,こえーんだよ! 実際,当該のベンチにはモヒカンが座っててカメラ向けるのも難易度高いし,iPadと一眼レフ同時に出すだけでこえぇし,さっさと逃げ帰りました.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Fate/Zeroでウェイバーくんが調べ物していた図書館は,大英博物館内のReading Roomらしいのですが,工事中でした.上の写真は同じ大英博物館内の似た雰囲気のエリアです.ごまかしです.

ちょっと聞いてくださいよ.インフォメーションコーナーで(Reading Room指さしながら)「あの中見たいんだけどどうすればいい」と聞いてみたら「OK. あっちでチケット買えば見られるぞ」と言われて,10ポンド払ったんですよ.(注:大英博物館内は基本的には無料です)

すると,見られたのはその下の階のイスラム文化の特別展示で,その上のReading Roomは来年夏まで工事中だと,あとで聞かされました.おうふ.今度また行ってやる!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

劇場版けいおん!のCMで一瞬映るタワーブリッジのカットですね.ぱっと見,普通の写真に見えますが,300mほど離れた地点から望遠気味に抜いて街灯の位置も合わせてあります.割とめんどくさいこだわりですね.同じ角度で撮りたい人は,ロンドン塔のチケットゲート付近へどうぞ.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同じく,次のカットですが,こちらは同じ場所がわかりませんでした.かなり高さのあるロンドン塔の水平軸がまっすぐなのと,街灯が下に見えてるので,数m高いところから撮ってるはずなんですが,この前ってテムズ河なのでそもそも高いところが少ないはずなのに見つからなくて悔しいです.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに数秒後のカットです.

これに至っては同じ画角はたぶん無理です.十中八九,右の物体は観覧車支えてる柱なんですが,周りがごちゃごちゃしすぎてて,何も入れずにこの角度で撮るとか訳がわからないよ.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Fate/Zero 第1話で出てきた時計塔です.撮ってみればよくわかりますが,時計塔がかなりの高さがあるのに,下のウエストミンスター宮殿的何かの屋根と水平軸が同じ角度向いてますから,似たような絵を撮るとか不可能です.上記の図書館も去年から工事中ですし,おそらくですがロケハンとかは無しで適当に資料から引っ張ってきてるようですね.(まあ,数カットのために渡英はしないか)

下側の館部分は,逆側に回ったこの部分が近いかと思います.

イギリスは住む場所では無いですが,海外旅行初心者にはうってつけの国だと感じました.なんだかんだで英語ならなんとかなりますし,ロンドンは30分圏内に観光場所が集中してて短時間で満足感得られます.街中だろうが田舎だろうが,どこを切り取ってもイギリスっぽいというのも,日本では考えられない光景で良いですね.

ただし,イギリス人は非効率的だけどその辺を気にせず,変化を好まないって事だけは注意すべきですね.どこも意味も無く人が列をなして待ってますし,土日はあらゆる所が休んでて行動に支障をきたしました.

あと言及しておくべき事は食事でしょうか.ご存じの通り,イギリスの食事はダメダメなんですが,ちょっとイメージが違いました.本当の意味でマズいわけではなく,すべてにおいておいしくない or 一口目だけはおいしいけど単調すぎて飽きるものばかりなんですわ.基本的に,ハインツのケチャップとサルサソースを自分でかけろや,ってスタンスみたいです.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

では最後に,追悼の一枚をば.講談社の装丁が云々でめんどくさい事言ってる人がいっぱいいるようですが,こうシンプルにディスプレイされてると,ジョブズの伝記とはかくあるべきな感じはしますね.ではでは.