読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STARBUCKS RESERVEでPOUR OVERってなんやねん

先週末、友人と博多駅周りで時間潰そうとした際、存在すら認識していなかったSTARBUCKS RESERVE店舗へ突然連れていかれました。

現地ではいろいろと理解が追いついていなかったんですが、終わってみて情報を整理するとおもしろイベントだったので書き残しておきます。

 

f:id:hageatama-:20170415103806j:image

 

STARBUCKS RESERVE

厳選された稀少価値の高いコーヒー豆を提供している店舗らしく、全国に数十店舗しかないそうな。
そこではCloverという特別なマシンで1杯ずつ豆から挽いて淹れてくれ、スタバなのに(?)かなり本格的なコーヒーが楽しめます。

ここまでは結構知られてるんじゃないかと。(私は知らなかったけど)

www.starbucks.co.jp

 

エクスペリエンスバー

今回淹れてくれた店員さんがRESERVE専用カウンターがあるのは5店のみって言ってたので調べてみたところ、RESERVE内でもかなりレアな店舗だったんですね。

  • 鎌倉御成町
  • 目黒
  • 六本木アークヒルズ
  • 京都三条烏丸
  • JRJP博多ビル

 

全国でこの5店舗のみ、プアオーバー――店員さんが1杯ずつハンドドリップで提供してくれるそうな。なるほど、1000店以上あるうちの5店舗と考えると激レアですね。

注文時、何かよくわからんままに「プアオーバーって方で」と頼んだのは正解でした。

 

しかも今回、横でセミナーやってた人たちを除くと、日曜昼間で1時間以上いて、カウンターに座ってたのは我々だけでした。 本州ではかなり混んでそうだし、だいぶ贅沢な空間だったのでは?

店員さん(ブラックエプロン)もだいぶおしゃべりに付き合ってくれたので、コーヒー知識がだいぶ増えたと思います。

 

で、実際に飲んでみてどうだったの?

んーーーーー、3種類飲み比べしたけど、正直わからん!!!
口に含んだ瞬間から複雑で芳醇な風味が広がり、缶コーヒーとは全く違うのはわかるんですが、ではそれがどういう個性で好みはどうとかいうのが、知識や経験が足りずに分類できないという……

幸いにして、味覚そのものは「んまい!」と判定していたので、もう少しチャレンジする余地はあるかな、と。今のところ、来月と7月は福岡行きそうなので、その折に毎回チャレンジしてみようと思います。

 

おわりに

Tallサイズで最大1000円という額に当初はドン引きしましたが、終わってみるとなかなか楽しいイベントでした。

よく考えてみると、チャレンジしてみては「甘すぎる……」と毎回後悔している季節限定のフラペチーノに600円とか払ってるわけで、800円であそこまで人件費と場所代注いでくれるなら、よっぽどコスパはいい気がしてくるから不思議です。

割と喫茶店にはいくんですけど、パソコン開いてなんぼみたいに考えているせいで、きちんとした「喫茶店」選んでない現状も、改善してみようかな、と。